不動産豆知識(賃貸編)
No.1
賃料の目安
賃料は収入に対して3分の1が目安になるといわれています。
それ以上になると後々賃料の支払いが困難になるケースも少なくありません。数年先まで見据えた上で賃料を設定することが望ましいでしょう。
No.2
入居審査
部屋を気に入って入居申込みをしたら、次は入居ステップとなります。賃料の支払いに見合った安定した収入があるのか、転居理由に問題はないか等事前にチェックすることになります。 審査方法は書類の提出や面接です。
入居申込書には本人の住所氏名、年収や勤務先、連帯保証人の住所氏名、勤務先、収入、続柄等を記入します。
No.3
連帯保証人の要件
連帯保証人は賃主との間で当該賃貸借契約に係わる保証委託契約を締結することとなります。したがって、一般に借主の親族で一定の年収がある事が前提となります。
当社では連帯保証人不要制度もございます。(審査有り、有料)
No.4
敷金について
「敷金」は賃貸借契約期間内の責務の担保の目的で、借主から賃主に預ける金銭のことです。その ため賃貸借契約に敷金等の定めがある場合がほとんどです。 賃貸借契約終了時、借主の責任となる汚損等がある場合、その補修分を差し引いた残額が借主に返還 されます。
月額家賃の2ヵ月が一般的です。(礼金は1ヶ月)
No.5
現状回復
基本的には、借主が退去時に次の措置を請うずることです。「設置したものを取り除く」、「壊したものを修理する」。基本的な考え方とは別に特約で様々な取り決めがある場合もあります。
例えば、基本的な考え方とは別に特約で様々な取り決めがある場合もあります。原状回復の度合いをどのように解釈するかということを契約書等で最初にしっかりと確認しておくことが大切です。